シンビジウムの育て方-洋ラン学園(1)
蘭鉢も配合培養土も要らない、一年中屋外で

シンビジウムは洋ランの中で最も多く育てられています。
都心では屋外で冬越しされています。
店に出るのは冬が多いですが、家庭では春に咲くのが普通です。
芽欠きをして、夏に水切れさせず、新芽を親と同じ大きさに育てられると咲きます。
ラン鉢やバークが無くても育てられます。植替え講習の必要はありません。
開花株を入手した翌年の場合、丈は60cm以上少なくとも45cm以上、株元の幅が3cm以上少なくとも2.5cm以上あると花茎が出るようです。
前書き−シンビジウムの咲かせ方 2014
シンビジウムはかつては贈答品の花形でした。このため、多くの家庭の庭や玄関わきに鉢がりますが、花が殆ど咲きません。
シンビジウムは丈夫で寒さにも強いので枯れることは少ないですが、家庭では、水切れで生育不良のことが多いです。
水切れさせず、芽欠きをして、新しい脇芽を大きく育てると咲くようになります。2014.2.26
2020年 ほったらかしで花盛り
洋ラン学園は、枯れる原因であるバークとミズゴケの鉢植えを止め、鹿沼土植えやペットボトル植えで、丈夫な種類をほったらかしで花盛りにできます。

サラ・ジーン/アイスカスケード

 
左:Cymbidium Sylvan Street 'Memories of You' 2008-2009ジャパンフラワーセレクション、鉢花部門最優秀賞『フラワー・オブ・ザ・イヤー』受賞花
右:小型下垂種白、サラ・ジーン・アイス・カスケード、花付きが良い

洋ラン学園:21世紀の洋ランの育て方と咲かせ方トップページへ戻る
今月の洋ラン 最新
洋ラン開花事典
洋ラン開花カレンダー
目次
基本の育て方-洋ラン学園の苗と衣食住の4原則
生長から開花のパターンと開花条件
最初(冬)に枯らさない方法(幼稚園年少組)
蕾付き株を咲かせる「洋ラン幼稚園 年長組」
開花株を入手して1年後に咲かせる(小学校)
2年目以降も咲かせる・作落ち対策と大株作り(中学校)
代表種など

サラジーンアイスカスケード
マジョリカ
ワルツロマンス
涼風

小型下垂種 サラ・ジーン'アイス・カスケード' 花つき良、最近は花芽は2月末2007
小型下垂種エンザン・スカイ・プレアデス2008
金稜辺


旧版
2019
マジカルスター/フラワーレジェンド
ラブリー ムービー ゴールド ラッシュ

2018年版
冷害古苗からの回復
2016年苗
2015年苗
2012年苗
インザムード
ウダツナイト/ショパンの調べ 2015
コウシュウサンセット/ステイゴールド
涼風 2011
エンザンフォレスト/マジョリカ
マジカルスター/フラワーレジェンド
ラブリーエンジェル/ザツーバージンズ
ラブリームービー/ゴールドラッシュ
ファイアービレッジ/ワインシャワー
ワルツ/ロマンス 2009
種名不詳
2018-1
2018-2

2016
アリシア/スノーエンジェル
バニラスカイ/ピュアスマイル
スイート・ワッフル/タルト
マジック・チャーム/とわの約束

2015年苗
ホワイトレデイ ほの香 2005年 河野メリクロン 登録品種名 ホワイトレディ 優香の出願時の名称
ラブリーエンジェル‘ザ・ツー・バージンス’
ウダツナイト-ショパンの調べ-
2014
ツクモガーデン
シーサイドプリンセスマサコ
エンザンスプリングハレルヤ
インザムード
2013
パーム・ライン・ルナ#2
コウシュウ・サンセット ステイ・ゴールド
12年苗
エンザン・スプリング ハレルヤ 花つき良
エンザン・フォレスト マジョリカ
ファイアー・ビレッジ ワイン・シャワー 花つき良
ラッキー・グロリア フクダルマ
2012
12年苗
エンザン・スプリング ハレルヤ 花つき良
エンザン・フォレスト マジョリカ
ファイアー・ビレッジ ワイン・シャワー 花つき良
ラッキー・グロリア フクダルマ
フクダルマ 2012.2
ワインシャワー
エンザンスカイ・プレアデス
ハレルヤ 2012.2
マジョリカ 2012.2
ルナ 2012.2, 2013.1
カリオカ 2011.1
涼風2011.10
プチムーン 2010.10
古株
2011
苗リスト
2011.1 クスダ・ファンタジー カリオカ 向山 Carioca 2003
 クスダ シャイニング」に「ラブリー ファンタジー」を交配
2009.11 シルバン・ストリート メモリーズ・オブ・ユー
2009.10 ブランチ・エイムス プチ・ムーン Cymbidium Blanche Ames "Petit Moon"
2011.10 涼風
2013.1 パーム・ライン ルナ

2008.12 11ジューシーカラーなごみ、プロムナード、12エンザンスプリングハレルヤ、エンザン・フォレスト・マジョリカ、ワルツ・ロマンス、
2009.1 デボン・オデッセー、オーガンジー・ムーンライト、あんみつ姫


基本の育て方-洋ラン学園の苗と衣食住の4原則
洋ランは枯れやすく咲きにくいと思われています。寒さに弱く、根が乾燥や過湿で枯れるためです。
洋ラン学園ではこれらを予防し、易しい方法の普及を目指しています。
詳しくはHP冒頭にありますが、要点は下記の通りでどの種類も同じです。入手してからこの方法に慣らしていきます。温室・ミズゴケ・バーク・農薬を使いません。
(1)苗は1年後に開花が期待できる丈夫な種類の大株を入手する。
(2) 植え方(衣)は枯れやすいミズゴケやバークを使わず、東洋蘭で使われている鹿沼土に植える。
(3)置き場所(住)は、冬以外は屋外、冬は屋内で防寒・防霜
(4)水やり(食)は高温期には雨ざらしで生長促進(害虫も駆除)


生長から開花のパターンと開花の条件
シンビジウムやデンドロビウムを初めとする蘭の大半は複茎種で、主にアジアの温帯から熱帯に分布します。セッコクはdンドロビウムの一種です。
複茎種の生長と開花のパターンの基本は、毎年春に開花親株から新しい脇芽が出て、秋までに親株並みに大きく根元が太くバルブになり花芽を出して、冬に咲きます。
亜熱帯や熱帯の原産地では、乾季の終わりに咲いて脇芽が出て、雨季に伸びて根元にバルブを作ります。
日本の冬は乾季、夏は雨季に相当します。

シンビジウムは冬の前後に花を咲かせ、花後に開花株の脇から新芽が出て、秋の始まりまでに丈が伸び、秋の盛りに根元が太って、花茎が出てきます。
温室育ちの株を入手して家庭で育てると、バルブが小さくなり、咲きにくくなります。
そこでできるだけバルブの大きな大型株を入手することがだいじです。
入手した開花株のバルブが幅4cm以上あると、新芽のバルブ幅が3.5cm、葉幅が2.5cm以上になりやすく、種類にあまり依らずに秋のうちに花茎が出てくることが多いよううです。


枯れない始め方 「洋ラン幼稚園(年少組)」
ランはもともと木に着生して根は空中に伸びています。
鉢植えにすると根は酸欠や過湿と低温で腐りますが、それが最もひどいのがバンダとコチョウランです。
洋ラン学園では、鉢から抜いて広口の透明容器に移して根の外側をむき出しにするため根腐れが起きません。
根腐れの心配が全然いらなくなります。2019/09/28

シンビジウムは春蘭を含む属で、着生が多いですが根は丈夫なので根腐れは少ないです。
しかし、バーク植えでは夏に水切れして生育不要になりやすいので、最初に鹿沼土で重ね着鉢増しするのが有効です。
シンビジウムは寒さに強く長年屋外で育てた株は-5℃にも耐えますが、新しい株は寒さに遭わせると弱ったり咲かなかったりします。

蕾付き株を咲かせる「洋ラン幼稚園 年長組」
大抵の洋ランは2週間ほど咲くと終わってしまいます。
1年の大半は枯れないように世話をするだけです。
コチョウランは花の持ちが良く1か月以上咲きます。その上、花茎の先が伸びて蕾が出てきて、新しい花が咲きます。
従って数か月花を楽しむことができます。さらに花が終わっても花茎を残しておくと半年前後で枝が出てきて咲くことがあります。
エピデンドラムの花茎は枝が出てきます。
デンファレは半年後に同じところから花茎が出てきます。
ミニカアトレアの多くは半年型で、開花株に次の脇芽がついていて時にはすでにシースや蕾が出ています。しばらく元気に育てていると次の花が咲きます。

シンビジウムは開花株が売られています。
既に脇芽が出て大きくなり始めている鉢は「有望株」です。新芽の出る時期が早いと有利です。

開花株を入手して1年後に咲かせる(小学校)
洋ラン学園では、どの種類も「開花株を入手して1年後に咲かせる」を目標にして実例を示しています。
1年目は親株が大きいので最も咲かせやすいです。
以下は種類を問わない世話の内容です
(1) 冬に入手することが多いので、室内で最低温度10℃を保つ
(2) ミズゴケ植えの苗は幅広容器に移す
(3) 春になったら最低気温10℃以上で屋外の半日陰(直射日光では日焼けして枯れる)、軒下(雨ざらしでは一部の種類がかび病で枯れる)に置く
(4) ミズゴケ植えとバーク植え共に根腐れと枯れの原因なので、一回り広い浅鉢に移し、隙間に鹿沼土を入れる(重ね着鉢増し)
(5) 同時に緩効性の化成肥料粒を表面にばらまく
(6) 梅雨入り前後から雨ざらし・半日陰において、水を切らさないようにする。
(7) 夏から初秋までは、日焼けと水切れに注意し新しい脇芽を開花親と同じ高さを目指して伸ばす。
(8) 最低気温が20℃を下回ったら(10月から)病気になりやすい種類は軒下などで雨除けする
(9) 最低気温が10℃を下回ったら(11月後半から)、新株は暖かい陽だまりなどで保温する
(10) 最低気温が5℃を下回ったら(12月から)屋内に移動する。
一般に秋に花茎が出て冬に咲きます。

シンビジウムは早咲きの秋から遅咲の春まで色々な種類があります。

2019年新株
マジカルスター/フラワーレジェンド
大型の2本立ち株を入手しました。春に鹿沼土中粒で大きなスリット鉢に植え替えました。一方のみ花茎が出ました。
 
12月初め 1月
2年目の記録を右に載せています。
入手した昨年は春に既に遅い今年の7月並みに大きくなっていました。大鉢で
株# 11
1





11
12







2019株B2



2020A3L







高さ 基幅
厚さ
葉数
最大長幅
花茎
高さ 基幅
厚さ
葉数
最大長幅





3/2217.52.3x1.2 10, 7:
10x2V











4/26




4/921.3











5/34.51.4





5/25




5/2461.6x1 5,4:
3





6/17




6/17121.8 8,6:
4.5





2019
7/3
352.9x2.4 13, 9:
29x2.9


7/7202.1x1.4 10, 7:
13x3.2





8/15473.2x2.8 15, 9:
34x3


8/1236.52.1x1.5





9/14553.4x2 16,12:
48x3.4


9/1432.3x1.712










9/16482.5x1.8 10-34x2.9
12-32





10/7623x2.7 15, 13:
50x3


10/1502.7x2 11-40x2.7
12-37.5





10/26643.7x3.1 16, 13
55x3.1
4x1.3
10/16523x2 11-42x2.6
12-39





11/15


5.6x1.55
11/1532.5x2.2 11-43.5x2.5
12-40
2x(0.8)



11/29




11/17
2.4x2.2
3









12/6
3x2.2
4.5x1.2



12/20
3.8x3.3
8x1.8









1/7











































2/15


11.5x2.3







































4/9


34x1.1蕾16
























5/3


43x1.17,9cm








5/24


42,17



























2016年新苗
表作成2019/02/25

表作成2019/02/25



2年目以降も咲かせる・作落ち対策と大株作り(中学校)
温室育ちに比べて家庭では温度が低めなので新しい脇芽は親株より小さくなることが多いです。
新芽が早く出て親株が大きいほど新芽は大きくなります。
従って2年目以降は作落ちすることが多く咲きにくくなる傾向があります。
また種類によっては親株が小さいと新芽が出ないことすらあります。
一方年々新芽が出ていれば次第に大株になり、丈夫になります。
また株が屋外作りに慣れてきて耐寒性も増してきます。
野生の株が木の枝などに沿って大きく広がって咲くのに似てきて品評会で見るような群開も夢ではありません。

2020年
初めに
東京都心に移動して、雪害・凍害から解放され、回復途中です。ようやく一部が花の咲く大きさに回復してきました。

10月2日
新芽の太りや花芽の様子です。

   
2019ラブリームービー/ゴールドラッシュ   花茎      マジカルスター/フラワーレジェンド バルブの太り始め  

2018コウシュウサンセット/ステイゴールド 新葉芽 種不詳、すでに大きな花茎

   
2017インザムード バルブの太り始め 2015ラブリーエンジェル  新根

  
2011涼風  何年も細かった株がようやくやや太く 2009ワルツ/ロマンス 何年も細かった株がようやくやや太く


2008エンザンスカイ/プレアデス バルブが玉ねぎのように丸くなる種類、右の新芽が太り始め 2007サラジーンアイスカスケード



2018年新株
初めに
2018年初めに入手した開花株は新芽から花芽が出ませんでした。
世話を続けて2019年には新芽が前よりも回復してきました。2019/10/08

秋芽型
ラブリー・ムービー/ゴールド・ラッシュ
初めに
1年目は秋早くに芽が出て花芽でなく葉芽でした。
2年目は夏の初めに1年目より大きくなっています。葉の数や大きさも大きいです。
やはり9月半ばに芽が出てきました。
2020-21
2019株#3


2019-20#4


#-4


2020




高さ 基幅
厚さ
葉数
最大長幅


高さ 基幅
厚さ
葉数
最大長幅
花茎高さ 基幅
厚さ
葉数
最大長幅
花茎




開花親株 #2
59
4.6x3.912,10-55x2.3
19/10/72.5






(2019)
10/7









10/2651.6x0.9

4.51.7x0.7

10/26








11/1571.8x1.1 ,8:

51x0.77
11/15








12/208.51.8x1.1 9, 6:
2.7

61.17-
11/29



























20/1/78.51.8x1.29, 7:3.2
6.71.7x1.2 8

12/20









9






20/1/7








1/3091.8x1.39, 8:3
6.71.89
1/30








2/159.52x1.3 9, 8:
3

6.72x1.39-11
2/15



3/225.31.6 7, 5:
1.5




















4/9172x1.5 10,9:
8.5





4/9



4/26

















5/25



5/24252.1x1.9 12, 9:
18x2.5

23.52.5x2 12
9-16x2.7

5/24



6/17



6/17362.4x2 14, 10:
27.5x2.8

352.7x2 14
10-26x2.8






2019
7/3
332.5x1.7 14, 10:
25x2.4

7/7412.6x2.2 15, 10:
32x3.1

422.5x2.1 15
11-32x2.9

7/7








7/24492.7x2.416,12-37x2.6
472.7xx2.4 16
12-37x2.6






8/15532.5x1.7 13, 12:
41x2.5

8/1252.52.8x2.216,14-48x2.9
512.7x2.1 16
13-41x2.6






9/14612.8x2.2 15, 14:
50x2.8

9/1582.8x2.116,14-48x2.4
55.532.4 16
14-44.5x2.4











9/16633x2.416,14-50x2.3
562.7x2.5 16
14-44.52.6
2.5x1




10/7663x2.4 ,13:
53x2.4
3.410/1622.85x2.5




2.8x1.1




10/26683.7x2.9 15, 13:
57x2.3
5.2x1.610/16


1.2


4.5x1.3




11/15
3.8x3
7x1.811/1


2x(1)



6x1.35



11/29

8.5x1.8
11/17


2x0.8



7x1.25








12/6


2.7x1.2



6



12/20
4x3.4 ,15:
60x2.1





















































































































































2020/07/07

2019/03/16

ファイアービレッジ/ワインシャワー 開花株入手
数年ぶりに入手しました。
2020年は夏の始まりの高さが大きく葉数も多いですが、基幅が小さいです。

2018A


2018A1


2019A2


2020A2R


2020A2L



株#
年月日
草丈基幅厚葉数葉長幅
草丈基幅厚葉数葉長幅
草丈基幅厚葉数葉長幅
草丈基幅厚葉数葉長幅
草丈基幅厚葉数葉長幅















20/1/30












































































20/5/243.51.1x0.553-2
4.51.2x0.754-2















6/17181.486-12x1.5
211x0.786-11x2










2019/7/2201.8x1
5-16x2.37/7332x1.196-27x3.3
321x0.95107-24x3















7/24442x1.2117-35x2.9
412x1.4118-34x3
8/15








8/15511.8x1.2106-46x2.7










18/9/20382.8x2.5
2-39.5x218/9/20422.2118-39x2.89/14612x1.6108-53x2.4















11/1442.4x2.0118-41x2.510/7632.4x2108-53x2.6










19/2/3
2.9x2.5

2019/2/3443x2.3118-42x2.5




















2019/2/24442.7x2.2

















19/9/14
3x2.8

9/14
2.5x2


















表作成 2020/07/08
B




18/9/2034.5x2
2-36.5x2.3
19/2/3
2.8x2.3


19/9/14
3x2.8


B1




18/9/2045x1118-40x3
11/148.52.9x1.7118-43x2
2019/2/3483x1.7118-47.5x2.5
2019/2/24
3x2


9/14
2.5x2.5


B2




2019/7/2-

親腐れ芽遅れ
8/15271.5x0.8575-20.5
9/14441.5x1.198-29x2
10/7491.5x1.298-36x2






C




18/9/20352.5x243-34x2.3
19/2/3
2.5x2


19/9/14



腐れ
C1




18/9/2049298-44.5x2.5
11/1502.9x2.6108-48x2.3
2019/2/3513x2108-48x2.9
2019/2/24
3x2.5


9/14
2.5x2


10/7



腐れ
C2




2019/7/2201.8x1
5-16x2.3
8/15461.8x197-41
9/14



腐れ
10/7














涼風
2011年10月に開花株を入手しました。
秋咲きで花は黄緑色で唇弁に赤い縁取りがあります。
 
2020年
10月16日
突然花茎が出て伸びが並んでいます。
昨年できた親株に比べて基幅が広く厚く、葉幅も広くなっています。

2012
20132020鉢#2株#2



株#
年月日
草丈基幅厚
草丈基幅厚葉数葉長幅 花茎



親#1792.1x1.3
9-75x1.6




2/17








4/2681.274-4

5e 1R 14x1.5
1L 4x0.8
2L5x0.8
#2LR丈4幅0.9cm









5/24231x0.596-18














6/17381x0.7107-33.5x2.3

7e
#2LR丈31幅1.7葉11枚









7/24582x1.1129-53x2.45




8/12662.2x0.9129-64x2.9




9/1692.3x1.2
9-64x2.9




9/16692.3x1.5129-66x2.4




10/2703x1.5129-68x2.1 20
12




10/16





11e 2L58x2.4,11枚、
1L50x2,11枚、
1R55x2,11枚








12e #1L2.3x1.5,
#1R2.3x1.5,
#2L2.5x2




























経過表作成2020/07/24

2016年
10月後半
冷害からの回復で、これまで小さく細身だったのが丈高くなりました。花芽の付く条件はまだ分かりません。
年月1,2,34,5567,889101112
2011






10前開花株入手

2012

5前1R14x1.5,1L4x0.8,2L5x0.8





11前2L58x2.4,11枚、
1L50x2,11枚、
1R55x2,11枚
12前#1L2.3x1.5,
#1R2.3x1.5,
#2L2.5x2
2013

5前#21R丈4幅0.9
7前#2LR丈31幅1.7葉11枚



























表編集2020/10/16 

2012年10(11?)月前半
新芽、草丈58cmまで、バルブ幅3.7x厚さ2.6cmまで、葉11枚まで長さ50cmまで
同上、左は新芽が左、右は中央奥が昨年の芽でその両側手前に今年の新芽
 

2011年
10月2日 開花株入手、秋咲


インザムード
2回目、2017年1月入手
1回目、2014年1月入手

2020年の経過を以前と比較
ようやく太さ、葉の数、幅が大きくなってきました。
株##3


株##3


株##4


株##5


株##6




2014年草丈基幅厚葉数葉長幅2018年草丈基幅厚葉数葉長幅2019年草丈基幅厚葉数葉長幅2019年草丈基幅厚葉数葉長幅2020年草丈基幅厚葉数葉長幅

584x3.197-51x2.2 親#1
524.5x3.3118-48x2.8













1



#2/17/11/29241.7x1.6118-17x1.81



1



1
































2月



2月



2/3371.3x1.21311-33x1.32/3



2/3















2/24381.4x1.21310-34x1.52/24



2/24





3月



3月



3月



3月



3月





4月



4月



4月



4月



4/2620.7



5月前半9.51.887-33,8-1cm5月前半



5月前半



5月前半



5月前半

























5/245.51.3x0.763-2

6月



6月



6月



6月



6月





7月



7月



7/6



7/6311.285-24x27/4251.6x1.397-6.5





















7/24312x1.6128-25x2.2

8月初382118-30,11-48月初



8月初



8/15481.4x1.4107-39x2.38/15





9



9/22201.5x1119-179/22



9/14521.8x1.8107-44x2.59/14





10



10



10



10/8541.8x1.7108-48x2.410/8




















10/2655.52.2x1.8108-49x2.410/26





11



11



11



11/15
2.6x2.1

11/15




















11/29
2.7x2.0
10-43.5x1.911/29





12



12



12



12/20
2.8x2.25
10-43.5x1.912/20





2



2/3201.3x1117-17.5x1.7





















2/24201.3


















4










2x1.5

4/26
2.9x2.1

4/26




























































比較表作成2020/07/24

ラブリーエンジェル‘ザ・ツー・バージンス’
2015年入手
5月初めに株分け
鉢#1
年月日葉数長幅花茎

8454483x3.7

b11H

15/4






115/4/6713.73.65+


b6.5H
24/68454



b11h
315/11/12642.52.351310-43x3



16/1/17643.83














416/10/14602.321311-49x2.1



10/22602.32














517/2/13







11/2959.53.12.5128-57x2.5



18/9/22





































618/9/22572
1310-51x1.5



18/11/1632.5181310-57x1.9



2019/2/24622.82.21310-59x1.9



2019年と2020年の比較
秋に花茎と思ったら葉芽が出ています。
2020年は草丈、基幅、葉数、葉長幅とも2019年より大きくなっています。
鉢#1

株#7





株#8







年月日葉数長幅花茎年月日葉数長幅花茎

親#215/11/2904.7x3.8

79x3.5
19/11/154.51.4

秋芽









12/2061.5x1












20/1/761.5x1












1/306.21.565-1.5


72/24




















4/26142.3x1.283-8.5










5/24262.3x2107-18










6/17383x2139-35x3.1



7/2301.5
95-23x2.7
7/7533x21310-41x3.5










7/23624x2.51511-49x3.5



8/15531.7
117-41
8/12703.4x2.51612-56x3



9/13592.51.8119-48x2.8
9/1723.4x2.51712-61x3.5



10/7633.52119-57x2.6









10/26














株#-7





株#-8














19/11/1521

秋芽









12/202.51.2x1












20/1/73





-72/24




















4/266.51.563-3










5/24172x1.497-7










6/17352.2129-24x3



7/229

85-20x2.3
7/7462.4x21310-35x3










7/23563x2.31410-46x3.2



8/1548
1.4117-40x2.7









9/13532.51.8119-47x2.3









10/7602.72119-52x2.4

























比較表作成2020/07/24

鉢#2
年月日葉数長幅花茎
115/4/6








15/11/12904.73.8
79x3.5


215/11/12613.82.6149-44.5x3



16/1/17
4.33.21310-56x3


315/11/12








16/1/17

















416/10/14








10/22

















517/2/1








11/29








18/9/22





































-618/9/22542
118-48x1.6



18/11/1592.11.2118-54.5x1.6



2019/2/24








19/7/2592.31.7119-56x1.6












-72/24-







7/229

85-20x2.3



8/1548
1.4117-40x2.7



9/13532.51.8119-47x2.3



10/7602.72119-52x2.4















小型下垂種
サラ・ジーン'アイスカスケード'

小型下垂種の代表です。
最近数年は毎年冷害で作落ちを続けていましたが、ようやく回復を始めました。
温室育ちでは新芽の出も花茎の出も早いですが、
洋ラン学園の1年中屋外栽培では、開花が遅くなって5月頃、新芽の出もそれ以降になります。
草丈が親並みは目安ですが、開花にはバルブの太りが必要です。
東京郊外で、冬は最低約-6℃になりますが、霜除け・雪除けで、寒い時にはビニールトンネルを作って密閉すれば中は+で大丈夫です

2019-20年経過

サラジーンは丈夫で新芽が小さくても良く咲きます。都心に移動して積雪や零下5℃に遭うことが無くなりようやく度重なる冷害から回復し良く咲くようになりました。
花茎が年内に出るようになりました。
親株の大きさや、芽の出た時期などにより、花芽の出る時期が変わります。芽の出た時期は記録がありません。
小さくて咲かない株があります。
花を終りまで残したので2020年度の新芽の出は2019年よりやや遅れています。開花は減るかもしれません。2020/07/25
鉢#2A



2c



6b



#7



10a




鉢#

#4A



#C



#?A



#AL



#2





月日 基幅
葉数
葉長幅
花茎 花数
基幅
葉数
葉長幅
花茎 花数
基幅
葉数
葉長幅
花茎 花数
基幅
葉数
葉長幅
花茎 花数
基幅
葉数
葉長幅
花茎 花数

月日
親株

























親株
4/638
10,7-34x2.1
















45x1.159,5-43x2.2


4/6
7/5









511.6







612.89,6-55x2


7/5
8/17




351.3x110,5-35x2

44
10,7-39x2












8/17
10/7531.8x0.910,-50x2

521.6x1.110,7-50x2

601.6x1.110,8-55x1.9












10/7
10/27562x1.510,,-53.5x2

562.2x1.210,8-51x1.9

612.5x1.510,8-60x1.7

602.5x1.511,9-55.5x2.1

632x1.29,50x1.4


10/27
11/7
2.3x2.1












612.5x1.711,9-58x2.2







11/7
12/3




57.52.4x1.8510,8-54.5x1.8V

613x2.0510,8-60x1.951
592.9x2.5
3.2
653.1x1.89,7-63.5x2.0


12/3
12/20
2.1x2.2
1.5x0.7x0.2






2.8x2.1
1.5

2.9x2.4
4.5x1.5x0.8






12/20




























1/5


2.5x1






3x2
9x1.1x0.6

2.9x2.4
4.5x1.5x0.8

2.5x29,2.5x0.7

1/5
1/30















3x2
5.5x1.5x1






1/30
2/15


3.5x1.2x0.55













6.5x1.5x1.15






2/15
3/30


8x1.3








11



16蕾20+



4x0.7

3/30
4/9

















21,25






4/9
4/24


9x1.4

2.2
11.5



21



25,27

3x2.3
15

4/24
5/25


3017,6cm


338,5.8cm


30



33,356cm


356cm
5/25
6/16








15








終り



30+
6/16
7/4



終り



終り



終り








終り
7/4

表作成2020/7/26

エンザンスカイ‘プレアデス’
Cym.Enzan Sky 'Pleiades'
2008年12月入手
2019年までは冷害からの回復がまだ不十分のようです。2020/07/24
鉢#5
度重なる冷害から徐々に回復中です。
2020年は10年ぶりに元の大きさに回復するかもしれません。
以前の経過ではバルブ幅2.5cmでは咲いていないので3cm前後が目安のようです。サラジーンに比べて大きさが必要で、また花茎の出が遅そうです。

#2


#3




#4

年月日全長バルブ幅厚葉数葉最大年月日全長バルブ幅厚葉数葉最大花芽長幅厚年月日全長バルブ幅厚葉数葉最大











2019
































12/20141.275-10.5











2020















2/1515.5
76-5.2











4/26231.396-16











5/25301.7x1.2106-21.5x2
2018



2019




6/17401.8127-34.5x2.2





7/3311.597-48x1.5
7/7451.8x1.6138-44x2.2











7/24541.9x1.6139-47.5x2.2





8/20471.4x1.2117-41x1.8






9/25300.775-29x1.1
















10/7















10/27522.2x1.3119-51x1.7






11/11301.0575-30x1.2
















12/352.52.5x1.8118-50.5x1.8











12/20
2.5x1.5













20/1/5
2.5x1.8













2020















4/2652.52.5x1.8


























比較表作成2020/07/24
1,2年目の開花の記録

新芽#1




新芽#2




草丈基幅厚葉数葉長幅花茎

基幅厚葉数葉長幅花茎
2009.
12
583.59
10
親株562.6

7
12










2010.1










4下旬3









5下旬植え替え鉢増し









7月 上旬28
中旬32
下旬40





上旬20cm
中旬25cm
下旬34cm




8月中旬41




36



9月上旬56cm




55



10月中旬622.3
x1.8

63cm葉幅1.8cmバルブ幅2cm2
x1.8
11月 上旬68
下旬65
2
4x2.4x2.3
6
7
x1.7

上旬草丈60cm葉6枚葉幅1.7cmバルブ幅2cm
下旬草丈62cm葉7枚バルブ3x3x2.1
2
3x3x2.1
6
7
x1.7













2011.
4中旬
652.7x27x1.910
622.8x2.28x2.15.5

表再掲2020/07/24






基本的な育て方と咲かせ方
1 苗(有望株)
シンビジウムは「複茎種」の代表で、「開花株の根元から子供の脇芽が出て、1年後までに親と同じ大きさになって咲く」を毎年繰り返しています。
一度咲いた株にはもう咲かないため、子供を大きく育てないと咲かなくなってしまいます。
苗を入手する際には、開花株の横から脇芽が出て大きくなり始めているのが有望と言うことになります。
2 植え方(鉢と植込み材料:衣)
シンビジウムは、細長い「蘭鉢」に植えられているのが普通です。これは蘭の栽培が中国で、洋ラン栽培が西洋で始まるよりずっと早く1500年以上昔から行われてきたことの名残です。
西洋ではシンビジウムも他のランと変わらず普通の鉢に植えられているので、蘭鉢の必要はありません。
またシンビジウムは以前は軽石入りの配合培養土に植えられているのが普通ですが、軽石は元々西洋にはないので、これもその必要はありません。
洋ラン学園では、シンビジウムに限らず全ての洋ランが「普通の鉢に鹿沼土植え」が基本です。
東洋蘭の多くは鹿沼土入りの培養土で植えられています。最近では東洋蘭との交配種が多くなったシンビジウムも鹿沼土で植えて奇異ではありません。
3 置き場所
カトレアやコチョウランに代表される洋ランの多くは日本より高温の亜熱帯産のため、夏を除く季節は温度が不足します。
このため温室を使わない「家庭の趣味でない園芸」では、「置き場所が温室の代わり」なので重要です。
但し、シンビジウムは温帯産の東洋蘭との交配種が多いため、特別な加温は必要ありません。
最低気温が零下にならない都心では、屋外で越冬が可能な位です。

シンビジウムの色々、花つきの良い種類が有望株
シンビジウムの色々な種類を育てていると、今年は咲くかどうかとやきもきします。
種類によって芽の出る時期や、伸び方や、大きさなどの性質が違うため、どの種類がどのように育てば咲くかが分からないからです。
良く言われるのは、開花期が、早生、中性、晩生です。
一方、シンビジウムは初期は豪華さもあって大型種が主流でしたが、近年は温帯産や国産との交配の小型種が増えています。
シンビジウムの花の咲きやすさは種類によって相当違います。
苗を見ただけでは分かりませんが、「花つきの良い種類が有望株」です。
下垂種のサラ・ジーン アイス・カスケードは最も花つきの良い種類に属します。
大株・中株・小株
売られている鉢は、苗の大きさで見ると、草丈が約80cmでバルブの高さが10cm幅が5cm近くで3本立ち以上の大株と、
草丈が60-70cmでバルブ幅が4cm前後で2本立ち以上の中株と、草丈が60cm未満で1本立ちの小株の3段階位に分けられます。
大株は、育て始めて、環境が変わって作落ちしても、新芽がまだ咲くに十分な大きさとなり花が期待できます。
これに対して中株や小株は、花つきの良い種類でないと、翌年の開花は余り期待できません。
そこで、大株を入手するのが有利です。

シンビジウムの育ち方と咲き方(2015.3.5)

エンザンスプリング・ハレルヤの例です。
大株・大鉢は育ちやすく咲きやすいです。
2012年初めに開花株を入手しました。
3株立ちで草丈は最大49cmバルブは最大高さ4.5、幅5、厚さ〇.5cm大きな葉が10枚まででした。
開花後母春4月に芽が出て、9月まで丈が伸び葉の枚数が増え、9月後半からはバルブが太ります。
10月には花茎が出て冬も伸び続けます。
早咲き種のようで、屋外としては早いです。
咲かせるためには大きくすることが大事で、初めは草丈の長さを目安にします。
草丈が伸びてもバルブが大きくならないと咲きません。
夏に水切れさせないこと、春に置肥をしてバルブを太らせることが大事です。


初めは植替えでなく、重ね着鉢増し2015
洋ランは大抵ミズゴケかバークに植えられています。シンビジウムの場合はバークが殆どです。
ミズゴケやバークは有機質なので、2-3年で腐ってしまいます。従って、2-3年ごとに植替えをしなければなりません。
しかし、植替えは面倒なばかりでなく、必ず作落ちし、ひどい場合には枯れてしまいます。
従って、慣れない内は、しない方が無難です。特に入手した鉢を来年も咲かせたいなら見合わせた方が得策です。
しかし、シンビジウムの場合は、細い蘭鉢に植えられて根が一杯になり株も鉢の縁にぶつかっていて新芽の出る余地のない場合が多いです。
これに対しては、一回り広い鉢に移して隙間に鹿沼土を入れる、「重ね着鉢増し」をお奨めします。2015.11.12
株分けはやめて、芽欠きに2016
これまでは実験用に鉢を増やす目的もあって、大株を株分けしてきました。
しかし、株分けは植え替え以上に根や苗に負担がかかるため咲きにくくなります。
2016年版 開花株を買って1年後に咲かせる方法
洋ラン学園では、開花株を買って1年後に咲かせるという、現実的で魅力的な目標を立てています。
シンビジウムでもそれを実践します。
若苗新鉢の完全植え替え2017
植え込み材料や鉢が色々あると鉢の乾き方が不ぞろいになり世話が難しくなります。
そこでできれば最初から「洋ラン学園式の浅広底穴鉢に鹿沼土で薄植え」にできると世話が楽になります。
年数の立った株立ちの鉢は根鉢が何重にもできていて古い植え込み材料を除くのが難しいです。
最近増えている「単株」やせいぜい「2頭株」だと根鉢が一重で固まっていず、乾燥で枯れて萎びていることも少なくて育てやすいです。


目次
初めに 2014
基本的な育て方と咲かせ方
2016年版 開花株を買って1年後に咲かせる方法
アリシア・スノーエンジェル
バニラ・スカイ・ピュア・スマイル
スイート・ワッフル・タルト
マジック・チャーム・とわの約束

2019年新苗
フラワーレジェンド 
マジカルスター
ラブリームービー ゴールドラッシュ
コウシュウサンセット ステイゴールド

2018年

コウシュウサンセット ステイゴールド
2019年2月株

前回の苗は咲きませんでした。葉に白っぽい筋がありバイラス病だった可能性があります。
2019#A2


2020#A3



草丈基幅厚葉数葉長幅
草丈基幅厚葉数葉長幅
#A1446x4.2x3.5119-51x1.8V














4/22.20.8











5/2412.51.297-8





6/17281x0.7
8-23x1.9
7/2312.0x1.5119-257/7381.8x1.4139-31x2.1





7/24461.9x1.51310-39x1.9





9/1521.8x1.651311-44x2










11/15
2.3x2.1















































2019-20年経過表作成2020/09/02


#2葉#長x幅
2013/10/0660x2.5x1.7 9-51x2.1
11-56x1.1
15-15

#3
2013/05/15新芽丈基幅3.5x1






07/1426x1.77-20x1.9












10/0640x1.7x1.5 9-35x2
12-16
10/2754x1.7x1.510-40x1.712-22

#3L
2014/05/03新芽丈2



10/1556x1.66-48, 8-40
2015/04/06バルブ2.7x2.4

#3LL
2015/04/06新芽丈3


2014年トピック・参考資料
開花カレンダー2007-2014
代表種の有望株の育ち方と咲き方
エンザン・スプリング ハレルヤ 花つき良
エンザン・フォレスト マジョリカ
ラッキー・グロリア フクダルマ
ファイアー・ビレッジ ワイン・シャワー 花つき良
小型下垂種 サラ・ジーン'アイス・カスケード' 花つき良、最近は花芽は2月末
エンザン・スカイ・プレアデスの経過


2015年新苗 白
2016年は2016年版
2016年2015年経過
ホワイトレデイ ほの香 2005年 河野メリクロン 登録品種名 ホワイトレディ 優香の出願時の名称
ピュアサラ×ダーハムキャッスル
中型、葉15枚まで75x3cmまで、バルブ高10cm幅7cmまで
花淡緑、20輪まで、幅10cmまで、冬咲、弱香
ラブリーエンジェル‘ザ・ツー・バージンス’
新芽無し
ウダツナイト-ショパンの調べ- 2010年 河野メリクロン
リップに濃赤色がV字形にくっきりと入る黄緑色のやや平咲き花。
花茎の長さ60-70cmに16-18輪着花

2014年初めに 白
2014年新苗
シーサイド・プリンセス マサコ 中株 バイラス
エンザン・スプリング イン・ザ・ムード 中株
桃色
ラブリー・ハニー イエロー・サブマリン 水切れ株
ツクモ・ガーデン スマイル・ピース 大株
種不詳 大株 #2014
植替えのレシピ
植替え・株分け・置肥・芽欠きのレシピ
経過
芽期の比較

2013年版はじめに 白
有望株経過
2013年入手株 白
始め方:重ね着鉢増し
パーム・ライン・ルナ#2
コウシュウ・サンセット ステイ・ゴールド バイラス
種類不詳 #2013
2011-12年入手株 桃
2016年は2016年版
エンザン・スプリング ハレルヤ 花つき良
エンザン・フォレスト マジョリカ
ファイアー・ビレッジ ワイン・シャワー 花つき良
ラッキー・グロリア フクダルマ
フクダルマ 2012.2
ワインシャワー
エンザンスカイ・プレアデス
ハレルヤ 2012.2
マジョリカ 2012.2
ルナ 2012.2, 2013.1
カリオカ 2011.1
涼風2011.10
プチムーン 2010.10

その他の経過2013-15年版

2012年2月新株:
エンザンスプリング・ハレルヤ、花茎
マジョリカ
ファーアービレッジ ワインシャワー
ラッキーグロリア フクダルマ
2013年苗
やや大株・秋咲・パーム・ライン・ルナ#2 1月末
コウシュウ・サンセット ステイ・ゴールド
種名不詳


2010-11年入手株 桃
クスダ・ファンタジー カリオカ 向山 Carioca 2003
 クスダ シャイニング」に「ラブリー ファンタジー」を交配

2009-2010年入手
シルバン・ストリート メモリーズ・オブ・ユー
ブランチ・エイムス プチ・ムーン Cymbidium Blanche Ames "Petit Moon"
涼風
パーム・ライン ルナ


重ね着鉢増しのレシピ
2012年経過
開花カレンダー
シンビジウムの花芽と葉芽
低温・零下での屋外越冬
代表種、シンビジウム図鑑

2007年入手
小型下垂種 サラ・ジーン'アイス・カスケード' 花つき良
2008年入手
エンザン・スカイ'プレアデス'

旧版
2008-2009古苗 黄
エンザン・スプリング ハレルヤ Cymbidium 'Enzan Spring Hallelujah' 早咲 2008.12
 シルバンスター ビーナス」に「ラッキー レインボウ」を交配
エンザン・フォレスト マジョリカ 2008.12
オーガンジー ムーン・ライト 2009.1
ジューシー・カラー なごみ 2008.12
ミルキー・クイーン プロムナード 2008.12
ラッキー・フラワー あんみつ姫 2009.1
ワルツ ロマンス 2008.12
開花カレンダー
ワルツ ロマンス 旧版から再掲
2009草丈バルブ花茎草丈バルブ花茎
202021草丈バルブ花茎

中生







鉢#1



















下旬開花株入手








株#1'R2株#1'R











10/1663
11








11/11.5x13.2x2.2
秋芽










11/172.7x12.8x2.1

2008.12























12/26



2009.1



2010


20111/144.5x1.12.8x2.23-1.5,5枚















2























2/194.5x1.13.2x2.14枚
3























3/246.514-2,6枚
4







中旬新芽12,8,2cm4/8101.55-2,7枚















5



鉢増し



5/5201.8x1.19-3















6








6/2302x1.38-20x2,11枚










6/16412.2x1.410-32x2.2,12
7







中旬新芽44,42,31cm7/5532.3x1.59-43x2.1,12










7/28542.1x1.88-44x2,11
8上旬








8/13582.3x1.811-55x1.7,12










8/25702.3x211-59x1.9,12
9



上旬新芽52,51,47cm























10 68,
62,
65



中旬56x2.6cm葉幅2.1cm,
41x2.7,2.2cm,
55x2.5cm,
49x2,葉幅2.1cm
2.6
2.7
2.5
2
2.1,2.2,1cm





2009.11上旬69

11下旬秋芽5cm








下旬













12



凍害親株枯れ多い








2010.1













2













3



中旬新芽12,8,2cm








4



中旬新芽12,8,2cm










エンザン・フォレスト'マジョリカ' 旧版から再掲

草丈バルブ花茎


花茎

橙茶
早生








親:開花株草丈26cm







草丈






2008.12下旬開花株入手






2009.1







2







3







4



開花


5



鉢増し


6



56,5,4cm











7



中旬63,65cmw2.3,2w2.32.5cm
8上旬60,59,52,46cm


下旬68cm
下旬秋芽7.5cm
2.4x2
11cm
9



15日72cm3x27枚x2.316cm
10



凍害親株枯れ多い


2009.1185cmw4.5xD3.5 8枚
w4
花茎5cm



下旬
4,2.8,2.8,2.5,2.3





12







2010.1






24cm
2







3







4開花


開花



2012年
経過表
2012年凍害株回復
開花カレンダー
2011年まで
最初からの記録
小型下垂種 2007.11から
大型種 2008年12月から
趣味の園芸の方法

春蘭・金稜辺
報歳蘭駿河蘭

2014年トピック2014.2.1
参考資料(洋ラン図書館)
シンビジウムの花芽と葉芽
晩秋に新芽が出てくると、花芽か葉芽か気になります。
一般に丸くて柔らかいのが花芽、細くとがって硬いのが葉芽と言われています。
江尻光一「趣味の園芸作業12か月シンビジューム」p.100では、「シンビジュームは葉のつけ根に芽がある、新しいバルブの基部から数えて3番目位、バルブの基部近くにある小さい葉を押し分けるようにして出てくる、葉の間から顔をのぞかせる、中には葉のつけ根すなわちバルブと連なっている所を破ってでてくるものもある。」「葉芽はバルブの基部近くで、通常は花芽より下から出てくる。」とあります。
花芽はどちらかと言うと上を向いているのに対して、葉芽は水平に近い向きだったり、葉芽の方がバルブから離れた所から出てくるように見えるのは上のような出方のためと思われます。
シンビジウムの花芽分化
洋ラン(シンビジューム)の開花調節に関する試験

シンビジウムの低温や零下での屋外冬越し
これまでの方法(趣味の園芸)では、シンビジウムなどの洋ランの最低温度は7-8℃です。従って、屋外での越冬に関する説明は全然見られません。
一方、都心では最低気温が零下になることは殆どありませんが、地植えや屋外のランが越冬して葉が枯れることもなく、元気な場合は春になると花が咲いています。
しかし、大半の地域では冬の最低気温が零下になるので、零下になっても屋外で大丈夫な方法が無いと、屋外越冬はできません。
洋ラン学園では東京郊外の、最低気温が零下5℃までしばしば下がる場所で、屋外越冬を試みてきました。
直接霜に当てないこと」によって「最低気温がー5℃でも屋外で越冬できる」見通しが出てきました。
その条件は、「場所は南向きの軒下」、霜が降りそうなときは南側の前面をビニールなどの風を通さないもので囲うことにより最低気温-2℃前後までは急性冷害は起きないといえそうです。
これでは、-5℃まで下がると冷害が起きそうです。そこで側面もビニールシートで覆い、家に面した北側が家の壁で覆われていることを含めて、「ビニールトンネルにしてしまう」ことにより-5℃でも大部分の鉢に急性冷害は現れなくなりました。まだ覆いが不十分な箇所で冷害が見られます。もっと確認が必要と思います。
なお、新しく入手した開花株は「温室育ち」なので、零下になりそうな時や夜は玄関の土間などに収容します。

シンビジウムの芽欠き-春の芽欠きと秋の芽欠き
シンビジウムの芽欠きと言うと、「主に冬に花芽と葉芽を見極めて、花芽を残し葉芽を除く」と思われますが、
江尻光一「趣味の園芸作業12か月シンビジューム」p.102では、「夏の終わりから初秋にかけて出てくる葉芽を、付け根のところから折る、芽欠きをして花芽を呼ぶ」となっています。葉芽は葉ごとに出ることができるようで、「葉芽が出ると葉芽が伸びて花芽が出なくなるので、じゃまな葉芽を取り去ってしまう」。「芽欠きをすると急に花芽が出たり、欠いても花芽が発生しないこともあるが、欠くことによって花芽が出てくる可能性が出てくる、芽欠きは9月中に終りにする、これ以後に欠いても花芽が出てくることが少ないから」となっていて、「花芽を呼ぶ秋の芽欠き」です。向山武彦「シンビジューム」では、「秋の芽欠きの期間は(p.81で)8月末から9月、10月から11月dで
葉芽が10cm近く伸びてから」とあります。
江尻「シンビジューム」では10月p.106では、本年生のバルブから花芽と葉芽が同時に出ている場合、---、葉芽はそのまま放っておいてもあまり生長せず花芽の方だけが伸びて開花するのが普通、葉芽だけが大きくなる場合は葉芽を折って花芽が伸びるようにさせる。これは「花芽を残す晩秋から冬の芽欠き」です。
向山、では5月p.54に「バルブを花芽が出る一定の大きさ以上にするために、芽欠きをしてバルブに一つの葉芽を重点的に生長させる」。これは「花後の春の芽欠き」です。
2014.2.1




2018年版
最近の2-3年は、零下6度の寒波に度々見舞われています。
今年から都心での栽培になり、零下になったり大雪になったりは稀になり、ダメージは少なくなると思います。
これまでは直射日光を避けるために植込みの中に置き、草が茂って雨が当たらず水切れという問題もありました。
これも解消に向かっていますが、株が小さくなっているので回復が先決です。2018.9.13

新苗
3/19 ファイアービレッジ ワインシャワー
9月 3株立ち


#2R
#2R
#2R
#2RR
#2RR
#2RR
#3R
#3R
#2-3LRL
#2-3LRL
#-1RR
#-1RR

A1

B1

C1


1206
丈
バルブ
幅
花茎
1304
花茎
2012
2013
2014
2018


大株
小株
A

B

C


1
38
2.8
39.5
2.5
34.5
2
36.5
2.3
352.5 34.5
2.3

1.5






2
4.5






2.5






3
73
50






3.5






4
8






4.5






5
46
25
19
17
5.5






5.5






6






6.5
58
25






7
59
25
51
22
54
25
18






7.5
35






8
69
31
15






8.5






9






9.5
77
33
42
2.2
11枚
39x2.8
45
11
43x2
492 9
44.5x2.5

10
66
35
5
55
15
73
19






10.5
59
25
7
55
16






11


11.5
40


12
40
19
70
32
14


12.5


13
28


13.5


14


14.5







2017年版
2年目以降の開花を追加
今年は、「新苗も受け替え」、「2年目以降も開花」を手掛けます。
新苗のインザムードは若苗なので根鉢が緩く一重で、根を傷めずに植え替えができます。2017.5.13
現在の生長と開花の様子
主な苗のリスト
2017年新苗 インザムード
2016年新苗
アリシア・スノー・エンジェル
バニラ・スカイ・ピュア・スマイル
スイートワッフル・タルト
2015年新苗 
ウダツナイト・ショパンの調べ鉢#1脇芽#3丈70cmバルブ3.2x2.9cm葉#12、24cm#16、35cm新芽R1.5cm
ホワイトレディーほの香鉢#1脇芽株#3丈53バルブ幅1.8x1.7R新芽2.3x0.9丸
ラブリー・エンジェル・ザ・ツー・ヴァージンズ鉢#2脇芽#2丈84cmバルブ幅4.3x3.2cm葉#10,56x3cm#13、30x2.3cm新芽R2.3x1cm
2009年秋苗 プチムーン 鉢#1 脇芽#L2R2丈41.5cmバルブ幅2.1x1.7L新芽1.8x1cm薄い
2008年苗 下垂種エンザン・スカイ’プレアデス’
サラジーン・アイスカスケード
2007年苗 下垂種サラジーン・アイスカスケード

2008年
5月後半
サラジーン・アイスカスケード
が大きくなりました。








シンビジウム旧版 「趣味の園芸」の方法による、2011年まで、凍害株の2012年の回復
シンビジウム図鑑



種類・段階別開花記録一覧表へ戻る

2017.5.13 2017年版開始

5.21 2016年版開始
2016.1.20 2015年新苗の、始め方から花茎の出まで、検索「シンビジウムの育て方」で34位、「シンビジウムの咲かせ方」で21位

2015.3.8 代表種の有望株の育ち方と咲き方

8.7 シンビジウムの色々 8.9 花つき、大株・中株・小株
2014.8.5- 古い記録の補足から14年の経過まで着手
8.5 巨大な有望株がお奨め
5.13 植替え・株分け・置肥・芽欠きのレシピ
4.17 蘭鉢も配合培養土も要らない、一年中屋外で
4.16 新苗の植替えのレシピ 17 植替えと株分けは新苗の時に
3.2 エンザンスカイプレアデスの2009年表作成
2.28 サラ・ジーン・アイス・カスケードのファイルを分離
2.4 2.26 小型下垂種の開花記録まとめ、作落ち(冷害)からの回復
2.25 12-13年と13-14年の芽期の比較開始、検索「シンビジウムの咲かせ方」50位以内
2.7 検索「シンビジウムの育て方」80位以内
2.4 検索「シンビジウムの育て方」90位以内
2.1 花芽分化
1.31 シンビジウムの花芽と葉芽、低温・零下での屋外越冬
2014.1.29 冬新芽、14年初めに、検索「シンビジウムの育て方」100位
2014 ビニールトンネル化を進め、寒い日の一時移動を取りやめ 冷害減少

10.6 13年版開花カレンダー、9年版カレンダーの再掲
7.16 シンビジウム図鑑を分離
7.14開花カレンダーに13年追記、まえがき追記
5月まで 春新芽続く
2013.4.6 2013年版開始 4.7 目次 広鉢鹿沼土植えへの重ね着鉢増し
2013 冷害広汎

12 霜害予防の開始、霜予報時は深い軒下、極低温の夜は玄関内に収容
2012.11.11 2012年版開始
2012.2? 凍害

2011.8.16 2010-2012開花日記、花期(早生・中生・晩生)区別開始
2011年1月 凍害

11/10 図鑑補足、開花日記、環境に優しく手間のかからない育て方
8.15段階別に世話を追加
8.14図鑑
2010.7.18HP作成開始
2010.5 鉢増し
2010.2? 零下五度の凍害

2008.11 実験苗第二期、小型下垂種続き
室内で冬越し
2007.11 本格栽培・共同研究開始、小型下垂種開始