w洋ラン学園
21世紀の洋ランの育て方と咲かせ方

ミニカトレアの育て方と咲かせ方
これまでの方法でうまくいかない人に

浅広底穴鉢に植えて枯らさず、大きく育て、冬暖かくするだけでどんどん咲きます。
ミニカトレアは種類が多いのでグループに分けます。
大型・太茎のミディーカトレアが、育てやすく咲きやすいです。→入門編
中型・細茎で叢生するタイプはやや作落ちしやすく咲きにくいです。→中級編
小型種は抵抗力が弱いため作落ちしやすく咲きにくいです。→上級編


ミニカトレアの大きさ
草丈バルブ長バルブ太小
種類
20101.5 ミディー
カトレヤ基本種、ロックレリアの子&
Lc.コスモ・アロハ$、C.キャンディー・タフト&、Pot.ルビー・エース$、C.チェリー・ソング#、Slc.ヘーゼル・ボイド*、Slc.ラブキャッスル*、インペリアル・ウイング
1571 ミディー細・群生
黄色系など
倭性のワルケリアナの孫$(ミニパープルの子)かコクシネアの孫*(ビューフォートの子)が多い
Pot.スイート・シュガー*、Sc.フェアリー・ランド*、Pot.フリースピリット*、Pot.メモリアル・ゴールド*、Sc.チェリービー*、Lc.ロホ
Sc.ビューフォート%
<10<50.7ミニ・ワルケリアナの子#、コクシネアの子%など Lc.ミニ・パープル#、C.ワルケリンター#、LC.ラブ・ノット#、Sc.チェリー・ビー*
Pot.エンジェル・キス%、Slc.モーニング・グロウ%、Slc.ミリオンキス
Slc.ルビーラブ*、イサベラストーン

スプラッシュ

4属の属間交配種です。
中型で中細で群生するタイプを載せます。
他のグループの特色の強い種類はそちらに載せます。
ポティナラ
4属の交配、以下の3種はいずれもコクシネアから3代目で花色は無縁、株の大きさは中型に、黄色系が多い
Pot. Free Spirit = Pot. Twentyfour Carat x Sc. Beaufort (1990) Registered by H.&R. Nurs.(Orch. Center)
Sc. Beaufort = Soph. coccinea x C. luteola (1963) Registered by Casa Luna's
 Pot. Twentyfour Carat = Pot. Lemon Tree x Blc. Yellow Imp (1983) Registered by Armacost's 双方とも複雑
Pot.Love-Love`Richi 'ラブラブ リッチPot. Love Passion x Blc. Love Sound
Pot. Love Passion = Pot. William Farrell x Lc. Trick or Treat (1990)
Pot. Memorial Gold = Blc. Memoria Helen Brown x Sc. Beaufort (1993)
 Blc. Memoria Helen Brown = Blc. Xanthette x Lc. Ann Follis (1967) Registered by Stewart Inc.  双方とも複雑、Blc. Xanthetteは黄色系
Pot. Sweet Sugar = Sc. Beaufort x Blc. Faye Miyamoto (1989) Registered by Sato, M.
  Blc. Faye Miyamoto = Lc. Amber Glow x Blc. Lleblanche (1975) Registered by Miyamoto's 双方とも複雑、Lc. Amber GlowはC. dowiana高率


目次
初めに
入門編と上級編
基本の育て方-洋ラン学園の苗と衣食住の4原則
最初(冬)に枯らさない方法(幼稚園年少組)
蕾付き株を咲かせる「洋ラン幼稚園 年長組」
開花株を入手して1年後に咲かせる(小学校)
2年目以降も咲かせる・作落ち対策と大株作り(中学校)
P.スイート・シュガー ミユキ 冬休み
メモリスゴールドキャナリー
Pot. Memorial Gold = Blc. Memoria Helen Brown x Sc. Beaufort (1993) 冬シース、冬芽 秋芽
フリースピリット・ラナ
クリエイション
入門編
上級編
旧版

大型カトレアのページ
カトレヤ原種の育て方と咲かせ方トップへ
洋ラン学園表紙に戻る
今節(今月)の洋ラン・洋蘭24節気・最新



Lc.ナイス・ホリデイ・サントピア

大型・太茎
初めに
丈20cm超、バルブ長10cm超幅1cm超で、中・大型で生長旺盛で良く咲きます。
芽吹きが旺盛でどんどん分岐し花も良く咲くようなので、洋ラン学園が推奨する「株分けせず大株づくり」の敵例です。
実生株(#1)から徐々に大きくなり、入手した2016年6月の開花株5番目が初花のようです。バルブ長11cm幅1.1cm葉長10.5cm全長21.5cmが開花の目安
次の株#6は小さく、その次の株#7が大きくて2017年夏に咲きました。
その次の株#8は小さくて反対側から出た#71が夏の終わりに咲きそうです。
#2、#5、#7とほぼ二つごとに両側から芽が出て、後の方が夏芽・夏咲になるようです。
つまりどんどん分岐していくことになります。
ただし半年型になるので、水切れなどで生育が不十分だと作落ちすることになります。2018/08/25

2019年新苗 
冬に始める
2019/02/18
16年の苗は半年型で分岐を繰り返して群生株になりました。新苗で改めて詳しく生長の様子を調べます。
前回は夏咲でしたが、今回は冬咲で半年型です。冬に始める例となります。
分岐・群生すると作落ちの危険が分散されます。
開花株の隣に秋-冬芽が大きくなりすでにシースがあって中には蕾が見えます。
「買ったら直ぐ咲く」例です。
2019年新苗の経過
株#年月日バルブ長葉長シース花茎

12019/02/18238.51.250.914.53.7



2
20.5100.850.75123.5



3
2391.251143.2



4
24.591.41.05144
7

5
21.510.31.351.0510.53.5 3.8
1.1












































































経過表作成2019/02/18

株#年月日バルブ高葉長幅花茎、枝花数芽季



























































































#R920/01/010.3










01/140.7








春芽












夏花茎














2020/02/12作成
2016年夏苗 



経過
2020年には、やや小さくなった親株から2月に芽が出てきました。室内で加温して大きくしたいと思います。
株#年月日バルブ長葉長シース花茎花数芽季
116/09/03
41.1








216/09/03176.9









316/09/0322.5101.1








416/09/0326.510.51
164






17/02/0428111
15.54



















#52016/06/0221.5111.3
124.5
5.5



16/09/0321.5111.1
124.5






17/02/0422111.3
124.5



















#616/09/032210.51
133.7






17/02/041861
12.53






17/07/15176.50.91
133.1



















#5116/09/0311(2)








夏芽

17/02/04147










17/07/1515.550.9
102.6






18/08/24165.20.9
102.8



















5218/08/2411.52.80.7
92.1V



















5318/08/24197





































5419/01/2812.5(1.7)

111.6H




秋芽














616/09/0311.182.7)

101.7




夏芽














#7











夏芽

17/07/1512.8
1.5
5







17/02/04840.6









18/08/242581
175



















7118/08/24232.80.7
92.1V(2x0.8)














































7219/01/2811(1.5)0.8
10.31.7H




冬芽














818/08/24124.31
9.72.6




夏芽














7319/08/1712.5(2)0.5
10.52.5






09/2914.53.50.65
10.53.3






10/1414.540.65
103.3






11/07143.20.7
10.53.5






11/2713.54.50.65
9.73.4






12/15144.50.65
103.3






20/01/011440.7









01/14

























#742020/02/120.5









冬芽




























#562020/02/120.3









冬芽





























2018年
8月後半
株#7の脇芽#8の反対側に脇新芽#71全長23cmバルブ長8cm葉長14cmにシース長2cm
株#5の脇芽#51の脇芽#52の反対側に脇新芽#53丈19バルブ高7シース無し
株の両側から出る芽吹きの旺盛さ、後から出た方が生育旺盛で秋に咲く
株数が10本を超え、12cm鉢では狭くなった。

2017年

脇芽#7丈12.8cmに花跡(後全長25cmバルブ長8cm葉長17cm)
7月前半
脇芽#51丈15.5cmバルブ長5cm
脇芽#7丈12.8cm基幅1cm余り

2016年
9月
開花株#5の脇芽#51高さ11cmバルブシース内高さ2cm
6月2日
開花株を入手
株#5全長21.5バルブ長11cm葉長12cm
p. 18, p.21





中型
中背・やや細茎
大型種よりやや背が低く草丈20cm足らずで、バルブが長さ10cm未満・太さ1cm未満とやや細く、どんどん子を出して群生するタイプです。
倭性のカトレヤ・ワルケリアナかソフロニティス・コクシネアの孫(ビューフォートの子)が多いです。
生産し易いのか多く売られていますが、育ててみると意外に咲きにくいです。
Slc.ハワイアン・スプラッシュ’レア’
  
2011年2月 2012年2月
種類別から再掲
2013年
8月後半
遅芽丈1.5、0.5



ハワイアン・スプラッシュ'レア' 強健

2010年
夏芽が年続けて咲きました。
株#年月日バルブ長幅厚葉長幅シース株#年月日バルブ長幅厚葉長幅シース花茎


2010




#122011















5/140.7














5/181.5














6/42














6/18154





#110/7/181


夏芽










7/261
0.5












8/51.5
0.7


8/814
0.610.5




8/142
1.5


8/2214.550.810.5x2.2











9/12
5





























#138/222


夏芽



10/244.5
0.5


10/105







11/85
0.5x0.5


11/139.5

3x1H




11/25146.51.25.5











12/2014.560.88
12/614.57
8x1.7










12/1/26
71
2.5cm










2/13









































経過表作成2020/08/25

2010年3月 開花株購入
当初草丈18cmバルブ8本 ミズゴケ植え p8
バルブ14本に増え大きさも最大級、小芽は蕾枯れ
2011年5月春芽#12、8月14.5cm、8月後半夏新芽12月14.5cmバルブ7cm12年2月開花

1月
下旬#22草丈20cm、バルブ8x0.8cm葉13x3cm
2011年↑


12月
下旬#22草丈18.5cm、バルブ7x0.8cm葉12.5cm
蕾3個

11月
下旬草丈14,12cm葉6.5,5.5cmシース7cm蕾出始める
新芽始まる



10月
半ば草丈9.5,4.5cm,
新芽0.5cm、他1黒腐れ

8月
半ば新芽2,1.5cm

7月
半ば夏新芽1cm
下旬2本1,0.5cm
2010年
2012年版から再掲,p.8


チェリービー/フェァリー

くろやなぎ農園さんのHPから写真も含めてコピさせていただきました。
https://kuroyanagi-nouen.net/item-detail/192933
当園が選抜し、メリクロンで増やした当園オリジナル商品。
新芽と同時に、新芽の中からツボミを出し、1花茎に2輪ほど花を付けます。派手な色彩の3色花が多い中、この個体は、ペタルにのる淡く明るい黄色と、弁先の赤ピンクとのコントラストが美しく、可愛らしい花です。
花期は不定期ですが、新芽が伸びるときに花を付けるので、年に2回花を見ることができる事もあります。


Sc.
Sc. Cherry Beeチェリー・ビー = C. Cherry Chip x Sc. Beaufort (1994) Registered by Kuroyanagi, T. 夏芽 秋シース

2017/02/25入手
やや小型の種類です。1年後から記録開始。小さな脇芽からシースが出ましたが咲きませんでした。
株#年月日バルブ長葉長花茎花更
12018/08/06
1.50.8






22018/08/06
2.50.9






32018/08/06
5







42018/08/06186curve0.7
113


52018/08/0615.56.50.7
102.4




2019/01/2816.560.65
102.3















62018/08/069(1.5)(0.35)
8.31.4Vシース



2019/01/28123.70.75
821x0.3



02/19113.70.75
82枯れ














72019/03/180.6
0.35





春芽

















































経過表作成2019/03/18、2018年版から再掲


#ミニカトレアは、大型種より耐寒性があり、最低7〜8℃あれば、冬越しが可能です。